:::

2022國際人權博物館聯盟年會

2022國際人權博物館聯盟年會

ノルウェー民主と人權博物館ネットワーク(Norwegian Network for Democracy and Human Rights Museums)はすべての國際人權博物館聯盟の會員と世界各地の博物館の皆さんに2022年9月のノルウェー年会の参加をご招待する。 年会はをオスロの右のところ : ノーベル平和賞が主題の博物館(ノーベル平和センター) (The Nobel Peace Center)または博物館が林立するビグドイ半島(Bygdøy...

April 29, 2022
2022 国際人権博物館連盟年会の論文募集

2022 国際人権博物館連盟年会の論文募集

圧力の下の博物館 : 政府、コミュニティ、自主権 国際人権博物館連盟(FIHRM)の年度大会は9月19日から21日までノルウェーのオスロで行います。 国際的論文の募集はもう始まり、FIHRMは論文の投稿を歓迎し、人権議題携わり、かつ敏感或いは争議のあるテーマを扱う時に博物館の伝統的な考え方と作法の挑戦を企てる幅広く各館の皆方の提案を積極的に招き入れる。論文募集の対象はFIHRMに所属博物館とその他の機構の従事者達、またはこの領域に関係する機構を含む、機構の規模、資...

April 29, 2022
博物館は現代の人権問題をいかに受け止めるか 共同学習からアドボカシーへ 「Ayo-Ayo!明日はきっと良い日——移住労働者人権特別展」

博物館は現代の人権問題をいかに受け止めるか 共同学習からアドボカシーへ 「Ayo-Ayo!明日はきっと良い日——移住労働者人権特別展」

まとめ 物議を醸す難題に向き合い、博物館としての仕事を通して、いかに政策と社会変革に影響を与えていけるだろうか。自力で戦っては限界がある。市民団体とパートナーシップを結び、連携して権限や資源を共有してこそ、博物館が社会的問題に介入するときやコミュニティと連携をとるときのハードルを下げることができる。また、より良い効果を上げ、ポジティブな社会活動エネルギーをさらに引き寄せる。博物館は、社会参加の一環として展示を開催することで、発言権もなく、汚名を着せられたままの、社会的に立場の弱い人たちへの...

March 30, 2022
右側の領域