:::

粉飾事件:タイ深南部紛争下にある芸術

粉飾事件:タイ深南部紛争下にある芸術

これらの作品は、彼らが自分でプロデュースした展示会「沈没」に出展された。場所はコミュニティの芸術学習スペースとして使われている現地の芸術サロンのパッターニー・アートスペース(Patani Art space)である。創立者はジェハブドゥロ・ジェソルホー(Jehabdulloh Jehsorhoh)氏で、彼はパッターニーに常駐しているアーティストだ。作品によって、タイ南部三県で行われている暴力に反対を表明し続けている。 「沈没」は150名の地元住民と参観者に、非常に歓迎された。ヤラーで生まれ育った...

November 28, 2022
困難な議題に直面する博物館が行動のパワーを具現:ICOMプラハ大会現場の観点

困難な議題に直面する博物館が行動のパワーを具現:ICOMプラハ大会現場の観点

ICOM(国際博物館会議)大会は、今年の8月28日にチェコのプラハで開かれ、円満に閉会して間もない。新型コロナウイルスが世界中に感染が拡大したため、3年ぶりの開催となった第28回大会では、「博物館の力」をメインテーマとしてセッションのためのテーマが設けられたが、どれもが博物館と社会全体に対する新しい課題であった。関連し合う四つのパネルディスカッションのテーマは、「目的:博物館と市民社会」、「持続可能性:博物館とレジリエンス」、「ビジョン:博物館とリーダーシップ」、「発信:博物館と新しい科学技術」...

November 28, 2022
2022年FIHRM-AP「気候変動」に関する共同学習の記録 博物館とNGOsのパートナーシップの可能性

2022年FIHRM-AP「気候変動」に関する共同学習の記録 博物館とNGOsのパートナーシップの可能性

 FIHRM-APHは過去のコミュニディと博物館の共学モデルに引き続き、過去博物館は参観者を教育の仲介する場所であるから、いまや現在社会のなかに於いて、NGOのクロス領域との協力及び行動力で博物館が議題促進の場になっている。FIHRM-APHのプラートフォームの連携と協力により、気候及び人権議題の促進をフィートバックし、そして今回 ICOMの主題「博物館の力」をも十分に現わしている、FIHRM-APHは、未来にもっと沢山の博物館とNGOがより多くの具体的行動の可能性を刺激しあうと期待し...

November 28, 2022
国際人権博物館聯盟2022年オスロ年会のテーマ

国際人権博物館聯盟2022年オスロ年会のテーマ

今回年会の主旨は、批判方式による人権博物館と関連する組織の相対的自主性及び行動空間を討論する。多くの国の博物館にとって、これが当面一つ切実な課題である。博物館、政府及びほか権力者との間にはどういうパターンの関係が存在しているか、またはこの様な付随関係が博物館のキャラクター及び博物館に対し、容認する敏感的な或いは争議的なテーマの形をいかに形成か。 世界の人権は自分の責任であるゆえに、各角度から社会、文化、政治の共存/テーマを排除する博物館を扱い、本年会は焦点をさらに絞り、当前の情勢を描き出す...

July 20, 2022
国際人権博物館@FIHRM)オスロ2022年会ー基本情報

国際人権博物館@FIHRM)オスロ2022年会ー基本情報

三日間のFIHRM年会はオスロの三つの場所で行われる、大会のパンフレットじきに公表する。 参加方式 2022年7月に参加の申し込みを始める、実体会議に参加するのネット予約はこのホームページまで : 2022年FIHRM年会活動パンフレット https://museum24.no/demokratinettverket/programme2022 大会に研究凡例を発表したい方、今もう投稿が始まり、締め切りは8月1日までに延ばす。 詳情請至此網頁:https:...

July 20, 2022
国際人権博物館聯盟2022年オスロ年会議題

国際人権博物館聯盟2022年オスロ年会議題

注意:これは初歩的な議題で,異動可能あり,詳細は8月に公表する。 一日目9月19日月曜日 場所:アイツオ1814憲法博物館 ·       開幕、カルチャー演出及び歓迎の言葉 ·       メイン会議場1:圧力下の博物館:「挑戦への答え」 ·   &n...

July 20, 2022
1.5メートルの裂け目には依然として光が輝いている

1.5メートルの裂け目には依然として光が輝いている

1.5メートルは防疫の社会的距離として人々のコンセンサスであるが、去年五月にその共通性が壊れ、人々の生活はそれ以後大きく変わった。しかしながら、私達はこの1.5メートルの裂け目には然として光が輝いていると信じている。 人は光を通して互いに照らし合い、光は通過すると屈折して虹を映し出す。 ...

September 23, 2022
都市封鎖か鎮圧か

都市封鎖か鎮圧か

作者紹介:マイケル‧ベルトラン(Michael Beltran) マイケル‧ベルトラン(Michael Beltran)はこれまで六年間記者を勤め、自分の一生を政治運動にかけている。記者という仕事で自国の様々なマイナーコミュニティに関して報道しているが、そのテーマには、人権問題や狭められた民主的空間、中国及びその他の超大国の干渉、強制される移動や引っ越し、身寄りがなく路頭に迷う人々の様子などが含まれる。 フィリピンでは都市封鎖が徐々に解放に進んでいるが、全土を見渡すと、コロナウイ...

September 23, 2022
2022國際人權博物館聯盟年會

2022國際人權博物館聯盟年會

ノルウェー民主と人權博物館ネットワーク(Norwegian Network for Democracy and Human Rights Museums)はすべての國際人權博物館聯盟の會員と世界各地の博物館の皆さんに2022年9月のノルウェー年会の参加をご招待する。 年会はをオスロの右のところ : ノーベル平和賞が主題の博物館(ノーベル平和センター) (The Nobel Peace Center)または博物館が林立するビグドイ半島(Bygdøy...

April 29, 2022
右側の領域